軽井沢高原協会で式を挙げよう|素敵な一日をサポート

確認を怠らない

カード

結婚式を行うことになり場所や日取りが決まったら、次は招待状を作ります。招待状は普段お世話になっている人たちに結婚することを報告すると共に、式や披露宴に参加して頂けるようお願いする手紙です。受け取った人に失礼のない招待状はどのようなものでしょうか。招待状本体は挨拶から始めます。拝啓や謹啓などの頭語から始め、季節の挨拶も入れます。結婚すること、結婚式に参加して頂きたいことを文章にし、その下に式の日取り、会場の住所、出席の有無の返信を頂く締切日、差出日、差出人などを書くのが一般的です。文章において、まず気を付けなければならないのは句読点を使わないことです。句読点は句切る、終わるという意味をもつとして招待状では避けられています。また、段落で一文字あけることもしません。句読点の代わりにはスペースなどを使い、段落を表したい時には一行あけるなど、全体のバランスを見て作成するようにしましょう。その他にも、重ねる、再び、といった縁起がよくないとされる漢字も使わないようにします。日にち、時間、場所はわかりやすいことが第一です。時間には午前午後を付けたり、会場名がわかりにくい場合にはフリ仮名などを付けるようにします。場所は別途地図などを同封すると親切です。封筒には宛名を書きますが、毛筆や筆ペンなどを使うのがよいでしょう。印刷する場合にも明朝体など毛筆に似たフォントを選ぶようにします。相手の名前に間違いがあるのは最も失礼なことです。必ず複数回確認するようにしましょう。